お人好しが招く悲劇


bank

 

とにかく饒舌。頭の回転は良いけどただ回っているだけ。思いつき。そこに善や悪は無い。それは相手に対しても、大切にするとか、将来の展望等の気持ちは無くて、自分のことだけ。そういう人に惹きつけられるのも、同類。騙された後に気が付く。お人好しホイホイにまんまと入ってしまった。

騙された分は授業料と思って、今後は、「惚れた弱み」と別問題としてよく考えることです。「本当の愛」があるなら、相手のことを考えるなら、「銀行へ融資申込み」に行くのが筋でしょう。それがダメなら「無人くん」とか「お自動さん」とかね。(もうこんな古い金融屋のキャッチフレーズ無いですよね)

惚れた弱みの恐ろしさって、ちょっと考え方を変えるだけで恐ろしくも何ともない。騙された方もきちんとよく考えて、「金貸して欲しい?ん?じゃぁ 銀行へ行こう」って忠告する勇気は必要ですね。相手が背中向けるようなら、「私を騙そうとしていたんだ。助かった」ぐらいに思えば良いのですが。なかなか難しい。饒舌な運気を持つ相手に、お人好しの運気がどれだけ対抗できるのか・・なんともかんともです。

今回の話題は、「瞬」時となりましたね・・・・文字通り。

Yahoo!検索から該当記事

 

 



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR