そして、神戸

短い歌詞の中は、とても重く心に突き刺さる。幸せだった日々、何気ない日常が一瞬の出来事で壊れてしまうのを目の当たりする。また立ち上がり、生きてくのに必死になっていた。