きっかけになった出来事

アールヒルの運勢鑑定

過去のこの日が来る度に、「あれから何年経ちました」と嫌でも聞かされる。どんなことでも関わった人達には、耳の痛い出来事であると。何の関わりのない人でも、「あの頃は」と過去を思い起こさせるので、「もう良いのでは」と心の隅で心底思うのです。

あの大事故の数日後、旅行で飛行機を利用しました。利用客の中には凄く神経質になっている方もいました。面倒臭い搭乗客相手に航空会社や現場の人達も大変だったかと。それよりなにより、当日、乗った、乗れた、乗らなかった、乗れなかった。色々な事情で生死を分けた事の理由が不思議で仕方無かったです。十把一絡ではない個人個人の運気に関して本格的に興味を持ったのもこの頃です。

「運命」「時の運」。どんな専門の人でも明確な事をハッキリ言えなかった。何も知識が無い故に、知りたかったのですが、「納得」と言える答えをだした専門家はいなかった。それだけ、明確な未来の事など言える人はいないのだろうなと。 予言をして違ったら「ハズレ!」って言われるだけですものね。二の足を踏むのも解る気がします。

「あれから・・・・・」 この言葉は好きではありません。

合掌



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR