人生無計画の行末


運勢鑑定 運勢鑑定事例

2,000万のローンで返済30年。子沢山でも、きちんと働けば返せない額ではない。

この方は子供の頃、将棋や囲碁などの常に先読みが必要なゲームをやったことがあるのかなと。物事を突き詰めて考えることやフローチャートがアタマに浮かばない人なのかなと勝手鑑定してみた。

やはり図星で、この人が持つ「大雑把、口達者」。思って行動したこともチグハグで、運気が付くわけが無い。プライドがあるならば、もうちょっと違ったかもしれないけど、この人には無い。

心の部分の運気は「行き当たりばったり」ってな運を持ち合わせて、お金に縁のある数意の数字を持っていても「身のなるお金」には繋がらず、我の勝手な正義感(他人にとっては常識外)がプンプン出ている。そんなこんなで子供に働かせても罪悪感が無い。

夫婦共々全く同じ運気だからこそ、他所様から見たら「無謀なこと(住宅購入・定職につかない)」ができる。子沢山な事も。「起死回生できるか?」鑑定では難しいと観ました。

平成時代に入ってそろそろ30年。家族の形も様変わりし「絶家」というのが意味ある言葉では無くなってきたように思います。改めて動画を見るとお子さんは女の子ばかり。これは、ご主人が持つ絶家運から。

移り住んだ町にも「移住促進」って言いながら、家族構成や収入(二重ローン)を無視して自宅購入させるとか。結局、保証人に迷惑を掛けさせる原因になり、きちんと「人を見抜けなかった責任」はありますね。(見抜く力(運)のある人を担当にすべきです。)


Yahoo!検索から「ザ・ノンフィクション漂流家族」

リーダーがいる、いないで状況は変わります。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR