運勢鑑定事例|自分にとって最良な答えを出す

アールヒルの運勢鑑定

賃貸にしても持ち家にしても、近隣ガチャというのは切っても切れないものです。こればかりは「運」の部分が大きいと言えますし、トラブルの相手への考え方や付き合い方次第で良いようにも悪いようにも変わることもあります。

過去、不動産管理の仕事で、家賃滞納者や近隣トラブルに関して注意書きの文面やら貼り紙やらを作ったり、話を聞いたりしている経験上、無理して対峙するよりか「トラブルから逃げる」というのもひとつの方法だと。

トラブルの相手は聞き分けの良い人ばかりとは限らず、話は平行線のままで解決することなく、どちらかが退去するまで延々と続くワケです。

「相手が悪い」「こちらが余計な金を出して引越なんて」

これも理解できます。

しかし、お金を出してトラブルを回避し精神衛生上、気持ち良く住める住環境を手に入れるか、トラブルが解決せず相手が引越すまで地獄の日々を延々と過ごすのか。どちらが自分が生きる上で良いのか?

今回取り上げた事件は、ひょっとしたら近隣ガチャ(トラブルメーカー)じゃないかという最悪の原因ではないかと。

出火した部屋の隣が空部屋ですし(下階は不明)。外から出られないようにしてベランダに簡易ハシゴとくれば凄い恨み等、異常過ぎやしませんか。

PR



被害者は周囲に「ヘンな人が住んでいる」ということを言っていたようです。出火元の隣人は出火元の人の挙動不審が募り転居。予感みたいなものがあれば良かったのですが、まさか階は違うし問題無いのでは・・・。

別の深掘りブログを読んでみると、被害者が部屋でパリピ?なことをしていたとか。事実として情報があるわけではないので何ともですが、これが事実であれば、あのような事件になるぐらいの原因を作ったのは誰?となります。

運勢鑑定で分が悪いのは被害者。お気の毒としか言いようがないです。関わる相手によって自分の運が良い悪いの変化や差が激しい。

ご本人の性格や人物像の良し悪いと運気は別物です。

今回の事例は、もう少し情報が欲しいところです。

原因がはっきり騒音だとしたら「嫌だな」と思うことがあって、それが蓄積されるようであれば、原因を探って対峙するか?移転するか?自分にとって最良な解決を探ることです。

Google検索から参考記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR