人生最期は・・・


以前にも書いたりしたのですが

鑑定やっていて、死期診断みたいな気がするのが時々。

老衰?事故?事件?自殺?・・・・のどれか。

お金や地位、子供や孫にも恵まれているのにも関わらず、誰にも看取られず

様子を見に来た家族ではない人に死後発見されるのは、

本人が望んだ死に方なんだろうか?と最近の出来事に考えさせられる事。

そういう最期にあるのも、鑑定範囲外の「因縁」「怨念」の類がゼロではない。

日本昔話に時折出てくる、「村一番の長者どん」と「村の衆」。

今なら大地主ってとこかな。 こういう人達って、他人より抜き出ているから、

羨望ならまだしも、妬み、やっかみ等々の「念」の類を受けやすい。

だから、一般人とは違う観方をしないといけない。

 

*********************

 

元気はつらつ、健康で第一線の時には、他所様や身内に対して、

冷酷、非道にしてきた人間関係が、自身が病気になり介助が必要になった時に

「しまった!」と思っても遅い。周りには誰もいない。独りぼっち。

そんな冷酷、非道なことしていない!と思ったとて、

誰も寄ってこない原因を作ったのは自分自身だと思いつつも、

元気だった頃の事が忘れられなくて意固地になる。

この手の人達は、「人徳」を最低限持っていなければ、

自身が望んだ最期にはならないと

この出来事でシミジミ思いました(^_^;)

 

 

 

 



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR