強制断捨離|ゴミ屋敷の掃除


週刊東洋経済の最新号 実家の片付けという記事を読んでみた。実家どころか、当時 縁のあった家を何軒掃除したか(お涙頂戴)数えるだけでも怒りの鉄拳です。

実家の場合は、母の死後、強制断捨離で親戚の協力もあり、引越用の大きなダンボール10箱分を母の姉妹へ送りつけ処分して貰いました。しかしながら、それでもまだ色々と残ってます。家の処分も・・・。

難儀なのは

「いつか使えるから捨てるな」と、価値のない物を残していたり、収拾がつかなくなり片付け放棄してしまった姑達(あえて・・「達」と書いておきますw)

こういう時「風水で、お片付けしたら幸運なんですよぉぉぉ~」心にもないことを有ること無いこと言って強制的に廃棄。

問答無用。飛燕一文字真空飛び膝蹴りw。「スッキリさせて頂きます!」ぐらいのノリでよろしいかと。

「お掃除風水より、モノ溜め込む系の数意持ちだから捨てられないのよっ!」
→物事の凝り性を示すものが複数あると、収集癖が良くも悪くも出て来ます。

 



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR