運勢鑑定事例|とことん運が無いのは変えようとしない自分


妬みやっかみが異常になって無関係な人たちを傷付けて、それでも満足せず不満だらけ。本当は自分の不甲斐なさを自分自身にぶつけることができない(する気が無い)。

結局、因果応報で自分自身が打ちのめされる。

しかし、何故?自分が打ちのめされなければならないのか一生問いかけても、理性の「理」の字の運でさえ無いので、一生掛かっても答えは出ないと思います。

たぶん、おちゃらけでウケるように頑張っていたんだろうと想像します。しかし、ウケるどころか馬鹿にされ相手にされない。

そこで切磋琢磨して頑張るとか努力をすることをやれば多少は「良い人」とか「面白いヒト」扱いされただろうけど、そういう努力とか変えようとする気も無く「相手が悪い」「自分は悪くない」の考えだと仕方が無いですね。

PR




「勝ち組」「負け組」と両者ひとくくりの価値観は既に古いものです。これからは多様性の時代ですから、あれもあれば、これもありです。

「~ねばならない」に固執すると何とも息苦しい人生になってしまいます。

「ヒトはヒト、自分は自分」です。


Google検索から参考記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR