人生最期は自由に


高齢の親のことで、何度か最期まで看取りたいという気があったのだが、最近は「本人のしたいようにさせれば良いじゃないか」と思うようになった。嫌々とか気を使い、家族の世話になりながら暮らすのもどうなんだろうと。

高齢になると子どもに戻るなんてことも聞くが、あれは違うなと。高齢になろうとプライドがチョモランマな人はそのまんま。老いては子に従えない人に説得を何万回やっても無駄。

なんだか、こっちも思い通りにならないとイライラすることとか増えてね。精神衛生上良くないから、もう万が一何かがあったら、しょうがないと考えるようにしたわけです。

というのも、孤独死や事故死だけは避けたいなぁと思いつつ、そうなるか、ならないかは、その人の運次第。鑑定家業から言えば、ハズレて欲しいと願うだけ。

「あ?え?死んだの?死んでないの?どっち~っ!」ではなく「あ~もう、いいかな。三途の川が~」って意識して人生を終えて欲しいと心底。

 



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR