人生たかが二万五千日は60代後半|ハナ肇とクレージーキャッツ



クレージーメキシコ大作戦:昭和43年公開をDVDを借りて観ました。映画の中でいくつかクレイジーキャッツの歌が流れました。

その中に「人生たかが二万五千日」というタイトルの曲が流れました。

人生たかが25,000日♪

25,000日というと68年です。

昭和40年代というと平均寿命が60代か70代だったと思います。私の祖母が60代で亡くなっていますので。

今は令和時代ですが、80代が当たり前の時代になっています。


25,000日「なんだ余裕!」と言ったところで、10,000日も生きられない人もいます。

人の死期や寿命を占いでは占えません。(外れる可能性の方が高い)

健康で元気で長生きするのと、病気で怪我も続いて長生きでは、本来の人生の意味が違うような気がします。

金運とか裕福になるような運を求めがちですが、まずは何はともあれ「心身共に健全な健康」です。健康でなければ行動することも、チャンスを掴むこと、掴みにいくこともできませんから。

この歌の中では「キンキラキン」で終わっていますので、どうやって生きれば良いのかは自分自身で探せ!ということなんでしょう。






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クレイジーキャッツ ホンダラ盤 [ クレイジーキャッツ ]
価格:2667円(税込、送料無料) (2020/12/30時点)




にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR