運勢鑑定事例|正義が無駄に終わる例


交通事故が実は事件だった出来事は、事実を知るにつれて双方を観た時に回避する方法はあったのかもしれません。しかし、過去に戻って回避する方法はありませんから、もし当該者と似たような運気を持っているのであれば、これからは注意しておかなければならない事です。

男性が持つには力強さが無い運の場合は、付き合う相手によって吉凶がはっきりする。相手が悪ければ最悪の結果。良ければ相手も自分も良好なのですが、それでも流動的。

公共の場所で他人に迷惑を掛けても平気な人に、正義を振りかざしても「注意する自身の運気が弱運であれば、その正義は無駄に終わる」のです。その場合には、自身は関わらず第三者に対応して貰えば済む事(最悪の事態を回避)ではないかと思います。

自身がどうなのか知らなければそれまでです。

Yahoo!検索から参考記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR