運勢鑑定|ストレッサー


事件発表から掲示板では父親が怪しいのではないかという書き込みが多かった、今回取り上げた記事です。
家族構成が公になり「やっぱりね~」といった感情を持った人も多かったかと。

再婚する場合、相手に子どもがいると「馴染む」「馴染まない」「第三者がいると排除したくなる」等などの感情を持つ人もいるでしょう。これは、子どもだけではなく舅姑関係、小姑に親戚といった付属する人々との人間関係も十分にありえることです。

ここには「我慢する」必要があるのですが、向いていない人もいるのです。

特に子どもの言うことは遠慮が無く「直球」です。相手がどう思うかなどは考えないことの方が多いでしょう。報道以外の事も何かにつけ言われてたのではと思います。

自身(容疑者)の子どもでもなく、赤ん坊の頃から育てたわけじゃなさそうですし、相手は他人の子ども。最初は我慢ができていても、我(持っている運)が出てくると折り合いが悪くなってきます。

「なんだ、この父親。本当の父さんはこんな人じゃ無い!」

親子で腹を割って話をするには、まだまだ。
母親が真ん中に立ち、再婚相手と子どもの間を取り持つことができたのは表面だけだったのかもしれません。

2番目の父は、一生懸命頑張っただろうとは思うのですが運勢でもツキが無い、やることなすこと空回り、どこかでキッカケを掴み相当な努力をすれば、少しは改善できたでしょうけど、そこまでの気力も無かったのでしょう。

この手の人を救うのは周りの関わる人達です。

が・・そこまでのツキを持つ家族がいなかったのも残念です。

Yahoo!検索より参考記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR