運勢鑑定|適材適所で動けば良いも悪いも流れにのります


やっと自身のやったことが「良くないことだった」と気が付いたのか、警察署に自首してきた最近の事件。

詳細が公に出回ってきたところで観てみました。

同姓同名の方が何人もいらっしゃるようです。同姓同名だと同じ運命を辿るのかというと、出生地や出生時間も両親や住環境も違うのに同じ運命でしょうか?

その人が持つ運にマッチングした運の使い方をしないと味方してくれるどころか、どんどん悪くなっていくのが今回の事例です。

例えば「体力があり勝ち気で負けず嫌い。絶対成し遂げるという気持ちが大きい」こういった運を持っている人がスポーツで頑張るとある程度の評価はされるようです。

しかし、使い方を誤ると「すぐ手がでる、カッとなる」「口だけ番長」などなどの単なる暴力者に変わってしまうのです。

運というのは割り箸みたいな細い棒の上を歩くようなもので、落ちるのは簡単(運の低下)のようです。

適材適所、真っ当にいけば割り箸が強固な橋に変わるのです。

Yahoo!検索から参考記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR