似たもの親子の運気の奪い合い

アールヒルの運勢鑑定

跡継ぎ目的なのか親の一文字を子にも使う親子がいますが、良い場合とそうでない場合があり、良い方に出れば、親子鷹ですが皆が皆、そうとは限らないものです。

親子、全く同じ運気の場合は常に運の奪い合いになりやすく、親が大活躍している場合は、子は親を超えることが難しくなりやすい。それに子は親以上にはなりにくく苦労しやすいものです。

今回参考にした記事の親子は、この事例のとおり。使っているものからくる意味合いからも「互いに奪い合う」という言葉が浮かびます。夢や実現したいことに邁進している間は良いのですが、魔が差すとあっという間に転落です。

頑張って築き上げたものを無駄にするのは容易い。

Yahoo!検索から参考記事