死への手助けする者

最近、Twitterで小学生のグループが通行中の車の合間に道路に突っ込んで楽しんでいるというツイートを読みました。

単に全員でスリルを楽しんでいるのか、道路に突っ込んだのはイジメられている子なのか知りませんが。

いずれにしても、「事故」や「それに伴う死」を招くキッカケではあると。

恐怖系の脚本なら、飛び出したことによって死んだ(怪我)した子は、その時点で寿命(さだめ)であり、押した子(又は、飛び出せとけしかけた子)は、死神。

ツイートの主は危険だから学校にも通報しているらしいのですが、学校は右から左のようですね。気を付けるのは自分自身しかないようです。

学校や子供の親がきちんと注意するなり叱るなりしても、その子達が止めないなら、そういう人生を歩む子(運)なんだろうと思います。




運勢鑑定事例|気を付けるのは自分しかない

最近、観光地での痛ましい事故がありました。テレビの報道番組で出かけていく動画を見ると「死への旅立ち」のように感じて胸が苦しくなります。 過去をやり直したいように…

運勢鑑定事例|地に足がついた運はあった方が良いです

信号機が設置された丁字路交差点で右折したバスと衝突した小学三年生が衝突して小学生が亡くなる事故がありました。 殆どの事故・事件で得る情報だけでの判断ですが、今回…

PR

占い教室・運勢鑑定ご依頼・お問い合わせ

運勢鑑定&占い教室 運勢鑑定 紹介制による鑑定実施中。 占い教室 下記メールアドレスへ、お問い合わせください。開催は徳島県(徳島市内)にて、初心者向けの占星術・姓…