運勢鑑定事例|地に足がついた運はあった方が良いです


信号機が設置された丁字路交差点で右折したバスと衝突した小学三年生が衝突して小学生が亡くなる事故がありました。

殆どの事故・事件で得る情報だけでの判断ですが、今回「生きている間に何かに遭い、思いもよらぬ結果」になりやすい運を持つ人と観ました。

風水で「天斬殺(てんざんさつ)」という判断があるのですが、被害者の方はこれに該当します。

別の言い方では「パックリ割れ」と縁起もクソも無い言い方になるのですが、どんな占いでも確定された予言ってのは難しく「何年何月何日の何時何分何秒」って明確な答えは言えないものです。

このパックリ割れっていうのが、「いつ何時、何が起こるか分からないが、原因不明の出来事(不慮の事故・他)で残念な結果になりやすい」というものです。今回の場合は交通事故。

報道から得た情報だけですが、被害者の方は、自然の壮大さをイメージするのですが、人間はいくら頑張っても自然に打ち勝つことはできません。

男性も女性もフワフワ浮いていたり足がしっかり地面に付いていない。アドバルーンでさえフワフワしているけど地面にかろうじて接着してコントロールされていますが、それが無いと何処へ飛んでいくか自分もコントロールできないのは想像できると思います。

PR
マスク|使い捨て・洗って再利用「楽天市場」
手指消毒|ハンドジェル、スプレー手指消毒商品「楽天市場」
除菌スプレー|携帯用から自宅用、業務用「楽天市場」



運勢全般で、何かしらの加護があれば衝突したとはいえ死傷するレベルでは無かったかもしれません。
一方の運転手ですが、情報だけで観ると「良い時は良い(天井知らず)。悪い時は悪い(底抜け)」の運気です。「ないものはない」という言葉をどういう意味で取れば良いのか分かりにくいのに似ています。

この事故、何が原因でという情報が一切ありません。自転車にのって横断歩道を渡っていたと記載してありますが「信号が青?赤?黄色?」が書かれていません。そういった詳細もハッキリすると交通安全の役には立つはずですが。


グーグル検索から参考記事




にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR