自分を知れば別の選択肢が見えてくるけど見えない場合もある


自身がどういうタイプの人なのか事前に判っていたら、たぶん、後悔と名の付く出来事は無かったかも。自分を知るというのは、簡単なようで分かりにくいもの。だけど他所様から指摘されて気が付くこともあるから、誰かが忠告してあげられる環境にいたら良かったのにと思いますね。

家庭向きじゃなく、仕事向きの男勝りな運気の人はきちんとその運の枠に入ったら望む結果を残せるのですが、そうではない場合、有り余った力を発散できるところを見つけるか、自制するしかない。
コップに入れた水が溢れると溢れた水を受ける受け皿が無ければ零れ落ちるだけなのと同じで、今回の話題の場合、自制が効かなくなるのと同じ。

この母親は、この運が割増し。生きる方向や運の使い方を間違えると望まぬ方向へ進むものです。夢は現実のものではなく地に足のつかないフワフワしたもので人名には向かないです。

Yahoo!検索から参照記事



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR