串刺しの人


多分、しめしめと思っているのか?

必死のパッチでアテもなくというのかは分りません。

真っ当に生きていたら、こういうことはしなくていいはずです。

「何やっているんだ私は」と一瞬でも思えば良いのですが、そこまで気が回らない行き当たりばったりの人生。

恨むのは自身ではなく関わる人達。

散々、苦労しても思うようになりにくい人生(運)だからこそ、苦労を苦労と思わず精進して生きなければならないのに、生き方がそんな風だから運が付くわけも無くです。

根底には 「妬み・嫉み・羨み」。

常に比較の中にいる自分。
自分は自分と苦労しても立派に生きていけば良いのですが、ひとつ道を外れると元に戻すのは難しい。

この事件の結果は別に占いじゃなくても、誰もが判断できることです。


参考記事:Google検索



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR