終わりに見た街|過去から未来へきてみたらの出来事


YouTubeで俳優、故細川俊之さんの動画を眺めていたら辿り着いた動画が「終わりに見た街」です。動画はドラマ終盤の場面で、傷付いた身体の主人公が「今、何年何月何日なのか?」と必死になって問いかけている。

どうやら、主人公がいた時代(昭和19年)から未来へやってきたそうですが、この小説のあらすじを読むと、現在に存在している主人公家族が突然、昭和19年にタイムスリップ。

何故か、主人公だけが再び未来へ飛ばされるという設定。詳しく書くとネタバレになってしまうので書けません。

未来予想のパラドックスは無限大。「未来はこうなりますよ」と言われて、違うアクションを起こすと予想した未来は別の道を辿るものです。

ドラマは終戦日前後に放送されたそうですから、視聴者へ向けたメッセージとも取れる内容です。

動画のURLを貼付しますが視聴するには年齢制限があるようです。(個人的にはすんなり視聴できました。)

終わりに見た街




PR



にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR