鑑定事例|順風満帆でも明日はわからない


あの日まで、真面目一徹、仕事も家庭も順調。目標をこなして楽しい日々が、コロナウィルスの影響で自ら人生まで終わらせてしまうのは「苦難を苦難と思わず、この難局を乗り切って更なる邁進する気持ち」をお持ちでは無かった人なのかなと思います。

報道記事からの勝手な運気鑑定ですが「常に突然」という言葉がつきまとう運をダブルで持っているようです。タロットカードなら「塔」のようなイメージ。空から雷が建物を直撃し王様が真っ逆さまに落ちていく絵の通りの人生。

雷はいつ何時落ちるか分かりませんが、予兆はあるはずです。
晴天でドッカーン!と落ちることは無いでしょう(気象予報士じゃないので詳細は気象に関しては不明)。「あ~、なんか曇ってきたなぁ。空も暗くなってきたし」という具合。

雷が落ちてきそうな予兆を感じて行動ができたならば、自ら命を絶つことはおそらく無かったはずです。しかし運勢的には「突然」が二つもあれば、天候の変化の予兆(運勢で言う「変化」)に気が向かないでしょう。

「木ばかり見つめて森を見てない」状態です。
あれもこれもできなくなった、困った困ったこまどり姉妹・・・。

この方の履歴を読ませてもらったのですが、学業や民間活動の充実、家業を継ぎトラブルも無く順風満帆で生きてこられたのでしょう。「突然」の運気を持っていると自分では気が付かないうちに手仕舞いへの道を辿る人、事故事件に遭われる方もいるようです。

そんなバカな。

バカなことをやってしまう人を先回りして「こうですよ」と言っても信じて貰える訳も無く、黙って傍から見ているしか無いのが運勢鑑定士なのかなぁと思うのです。


Google検索より参考記事

PR
マスク|使い捨て・洗って再利用「楽天市場」
手指消毒|ハンドジェル、スプレー手指消毒商品「楽天市場」
除菌スプレー|携帯用から自宅用、業務用「楽天市場」


にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
応援よろしくお願いします

RSS facebook ameba
PR